フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« *1・24辺野古の海を埋め立てるな!緊急デモ。新宿の街で声を上げました。辺野古の埋め立て許すな!警視庁は弾圧をやめろ!2月21日(日)14:00~「止めよう!辺野古埋め立て」国会大包囲へ! | トップページ | *辺野古の座り込みに参加した小学生の作文です。沖縄から基地を無くすために働く弁護士になりたい。 »

2016年2月 7日 (日)

*みなとの仲間が辺野古に行った報告です。新基地建設を許さない!工事車両を通させない!機動隊は弾圧をやめろ!2月21日(日)14:00~「止めよう!辺野古埋め立て」国会大包囲へ!

Sn3g0388

Sn3g0392

Sn3g0384

160201_144301

 

   キャンプ・シュワブ、新辺野古基地座り込み体験記

 

                2016年2月  宮口高枝

1月31日から2月3日までの参加は、緊張とワクワク感と雨に叩かれながらの体験でした。1月、2月の沖縄は雨模様のお天気続きの中でも、辺野古漁港の座り込みテントから見る、雨の煙るジュゴンの生息する辺野古の海は、砂浜からさんご礁の沖合いに向けて、だんだんと青の色が変わり美しいたたずまいを見せていた。

辺野古漁港テントで反対の活動を続ける女性は何故、辺野古に基地が作られようとしているのか説明してくれた。

米軍は、太平洋戦争中の1943年から沖縄に基地を創ることを検討し、住民の住んでいた家を焼き払い、強制収用してたくさんの基地を作った。日本政府は米軍に思いやり予算として毎年約2000億円を負担している。米軍は大型の潜水艦や軍艦が接岸する港を必要としているが、海兵隊部隊は今後1万人に減らす計画だ。移転にかかる費用は日米地位協定により、日本が負担する仕組み。米軍にとっては願ったり叶ったり。近くにある弾薬庫は返還が決定しているので、新基地には弾薬倉庫も計画され、V字滑走路が予定され、将来自衛隊も使用する。世界で紛争が起きた時、滑走路から爆薬や劣化ウラン弾を搭載する爆撃機が飛び立つのだろうか。予定地の大浦湾はとても深い。大型の潜水艦や軍艦が停泊するのにもってこいの環境で、新基地建設として狙われ続けている。

絶滅危惧種のジュゴンの住む大浦湾の海には、5300種の生きものが生息し、ジュゴンの食べる海藻が豊富に群生し、ジュゴンの食べた後のジュゴントレンチが発見されている貴重な海で、白灰現象で減少が続いている珊瑚の10パーセントが大浦湾に生息する。この貴重な海が戦争のための軍港になれば、世界の紛争国からの攻撃の的になることを沖縄の人々は知っている。ベトナム戦争のときは嘉手納基地からB52戦闘爆撃機が飛び立って、ベトナムの人々を殺しに行ったことを憶えている。

辺野古新基地反対・キャンプ・シュワブの米軍基地ゲート前で座り込みを2日間経験した。ゲート前は、抗議の人々が座り込みを続けていた場所には、テント世話人の山城さんたちのアイデアで数日前から、工事車両を阻止すべく新戦術のアイデアでコンクリートブロック1400個を積み上げ、工事車両の阻止をやっていた。手薄の夜間に1400個のブロックは警察に持って行かれ、その後、ゲート前は警察車両3台が横づけされた。抗議の座り込みの場所は狭められ、車と車の間や警備車両の前で、車道側にはみ出て果敢に座って黙々と「屈しない!」「辺野古に基地は作らせない!」と書かれたプラカードを持ち抗議するのです。

沖縄の1月2月は雨の多い時期で、みなカッパをつけて、おじいも、おばあも毎日、毎日、朝6時には座り込みを始めます。入れ替わり、立ち代り、24時間の座り込みを何年も続けているのです。

毎日、朝10時には那覇の国際通りの道路を隔てた沖縄県庁前から「島ぐるみ沖縄バス」が1日1便出ます。私もそれに乗って2日間通いました。バスの中は、日本各地、世界からも様々な人々が乗り込みます。世話人の大城さんのリードで、自己紹介や、意見、感想、などを話しながら、座り込みの時に良く歌われる、「沖縄を返せ」「勝利の日まで」「座り込めここへ」など声を合わせて歌いながら過ごし、いろいろな意見を聞いて貴重な体験でした。現地の人々はみな歌をそらんじて歌います。

しかし、現地は大変緊迫した事態が日々繰り返されています。
 
私が座り込みしていた1日目は、産経新聞のデジタル版で4月1日まで辺野古の工事を中止すると防衛庁が発表したと言う動きが有り、山城世話人が「俺達の24時間座り込みの闘いが、工事を止めている。2014年に完成予定だった新基地辺野古はまだ、本格工事にも着手させていない。闘いは芸術だ!」とみんなに檄を飛ばし、辺野古の定番の歌になった、勝利の日まで座り込めここへを歌い、手拍子で踊りました。
 
彼は悪性リンパ腫という大病を抱えていますが、大変元気そうにみなを奮い立たせています!
 
山城博冶さんの人柄に私は感動しました。
 
脱被ばく実現ネットのチラシを下さいと言われた方がいたので、テントに座っていた周りの人、10人弱に配布した時に、彼は私の隣に来て「悪いけど、テントはいろいろあるんだ、いろいろな主張はあるのはいいんだけど、この24時間座り込みの闘いを維持していくのには、チラシはテントの闘いに絞っているので、悪いけど配るのはやめて。その代わり存分に発言して!」と言いました。そして私を紹介してくださったのです。
 
それで、何故自分がこの活動を始めたか、友人の被ばく2世の出産での壮絶な死のこと、小児甲状腺がんが多発しており、事故前は100万人に1~2人だったが、いま福島では152人もの小児甲状腺がんが見つかっている事、子ども脱ひばく裁判のこと、東京電力福島第1原発事故のこと、放射能の年間規制値は年間1㍉シーベルトなのに、福島県には、原子力爆発事故時の緊急事態宣言が出されたままで、放射能は現在進行形で出され続け、年間20㍉シーベルトの土地に子どもも含め帰還させようとしている事、避難者の住宅補助金が打ち切られようとしている事、脱被ばく実現ネットのこと、いろいろ話しましたら、彼は私の手を握り、ありがとう!よく話してくれたねと、なんともいえない表情を浮かべねぎらってくださったのです。彼は人情味の厚い方です。


 
2日目の座りこみの午後、生コンクリート車2台の出入リがあり、すぐにみんなが駆けつけて抗議します。私もその輪に加わって、初めて強制排除を体験しました。
 
デジカメで機動隊の横暴写真を撮っていたら、屈強な機動隊員に後ろから両手をつかまれ、歩きなさい!と怒鳴られ、いやよ!と拒否。座り込もうとしましたが引きずられて阻止線の外に連れて行かれました。腕をつかむその強力な事。もう痛くて大変でした。しかし恐怖心は全く有りませんでした。
 
現地の方達の力強い抗議の行動に圧倒され、私達は正しい!彼等の信念に触れた素晴らしい体験でした。

沖縄の人々の真剣な態度、人として勇気ある態度に感動し、こうでなくちゃー!声を上げなければ事態は改善しない。工事車両を通させないとの強い意思を持って、24時間の座り込みで工事車両を通さず、2014年完成といわれて来た、新辺野古基地を作らせないでいるこの行動力、団結力に感服した。闘いはあかるく!主権在民は行動で生まれる事を実感する。また座り込みに参加しよう。

*********

« *1・24辺野古の海を埋め立てるな!緊急デモ。新宿の街で声を上げました。辺野古の埋め立て許すな!警視庁は弾圧をやめろ!2月21日(日)14:00~「止めよう!辺野古埋め立て」国会大包囲へ! | トップページ | *辺野古の座り込みに参加した小学生の作文です。沖縄から基地を無くすために働く弁護士になりたい。 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« *1・24辺野古の海を埋め立てるな!緊急デモ。新宿の街で声を上げました。辺野古の埋め立て許すな!警視庁は弾圧をやめろ!2月21日(日)14:00~「止めよう!辺野古埋め立て」国会大包囲へ! | トップページ | *辺野古の座り込みに参加した小学生の作文です。沖縄から基地を無くすために働く弁護士になりたい。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30