フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 拡散希望*ふくしま集団疎開裁判・仙台高裁の決定がでました。衆議院第2議員会館で緊急の集まりがあります。ご参加ください。 | トップページ | *仙台高裁・見殺し判決出る4.26(金)文科省前アクション18:30~/4.27(土)数寄屋橋交差点でリーフレッ ト配布大作戦。ご参加ください。 »

2013年4月25日 (木)

*2013.4.24仙台高裁決定./郡山は危険と認定しながら棄却。支離滅裂な見殺し判決。

http://www.youtube.com/watch?v=CfU_tMhDvzc&feature=youtu.be

http://www.youtube.com/watch?v=g07EPNjQ_xA

 「現在の被曝状況は中長期的には由々しい事態が発生する懸念があり、転居するしかない」と深刻な健康被害を認めざるを得なくなっている。それなのに自主避難の可能があるから、集団避難の必要はなしという支離滅裂な見殺し判決です。

【仙台高裁決定(25.4.24)の要旨】#ふくしま集団疎開裁判

1 現在の被曝状況は中長期的には由々しい事態が発生する懸念があるが、抗告人が、現在の被曝状況を避けるには、通っている学校での被曝を回避しただけでは意味がなく(他の生活時間帯で年1ミリシーベルト以上被曝してしまう)、転居するしかない。

2 しかし、転居したなら、その自治体の教育機関での教育を受けられるし、それが本来の姿だから、郡山市に、転居した地で教育をうけさせろという権利はない。また、抗告人が自主転居するのに支障があるとも思いえない。

3 集団疎開は、被曝を避ける抜本的手段としての選択肢の一つではあるが、抗告人が求めている権利は、あくまでも個人しての権利であるから、集団疎開は本件審理の対象外。

【仙台高裁決定(25.4.24)の要旨】...

【関連動画】
ふくしま集団疎開〜明日、仙台高裁で審尋(2012年9月30日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1451
ふくしま集団疎開裁判~子どもの被曝をめぐる判断を問う(2012年1月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1299
集団疎開裁判第1回審理~裁判所が前向きな姿勢(2011年7月5日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1151
学校の集団疎開求め仮処分申請〜郡山の子ら14名(2011年6月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1132
 

********************************************************

« 拡散希望*ふくしま集団疎開裁判・仙台高裁の決定がでました。衆議院第2議員会館で緊急の集まりがあります。ご参加ください。 | トップページ | *仙台高裁・見殺し判決出る4.26(金)文科省前アクション18:30~/4.27(土)数寄屋橋交差点でリーフレッ ト配布大作戦。ご参加ください。 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

決定文をダウンロードして読みましたが、裁判所の論理は別段おかしいとは思いませんでした。

仮に裁判所が学校を県外などに移転させる決定をしたとしても,現在そこに住んでいる人の引っ越しに関する負担をどうするか等の問題点について裁判所は何も決めることはできません。

そういった問題はやはり行政が取り組むべき問題であって,司法(個人の有する具体的権利に関する紛争を法を適用することで解決する作用)の守備範囲ではないと思われます。すなわち,目指している目的と手段が最初からマッチしていないということ。

この決定もそのような理解を前提にしています。

仮処分を申し立てた弁護団も,この裁判自体でこの問題を解決できるとは本心では思っていなかったと思います。むしろ,世論を喚起する手段としての裁判利用なのでしょう。

海外メディアがこぞってこの判決を報道しているのに対し、大手の日本メディアはさすがに加害者の国と東電に慮ってか、この不可思議な判決を伝えていませんね。
前段で緊急性を認める事実認定をしておきながらそれを覆すような整合性のない理由つけで却下している。このチェルノブイリの30倍から50倍規模ともいわれる原発事故による緊急性を要する仮処分の申し立てに対し、国民の健康と安全を求める権利を保障するべき司法が形式的要件の不備を理由とする却下する、これが良識ある司法判断と言えるでしょうか。「ただちに影響がない」からといって放置されていいはずはありません。FDJさんのコメントにあるような行政手続きの問題ではないのです。行政に先立つべき非常時における基本的人権(とりわけ自由権と社会権)の問題ではないのでしょうか?
他人事のように言っている場合ではないのです。

坂田義和のご意見は,失礼ながら「三権分立の構造」や「司法権の役割」というものについての無理解から来るものだと思います。

「良識ある司法判断」などというナイーブで無内容な概念で司法権の範囲が曖昧化されることは厳に避けられなければなりません。

裁判所は,国民の選挙による裏付けはないのですから,「超立法府」のような役割を担うことは期待されていないばかりか,日本国憲法上正当化もされていません。

今回の裁判所の判断は,極まっとうですよ。

先ほど,坂田義和氏に敬称を付することを失念しました。
単なるミスで他意はありません。

お詫びします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/51362849

この記事へのトラックバック一覧です: *2013.4.24仙台高裁決定./郡山は危険と認定しながら棄却。支離滅裂な見殺し判決。:

« 拡散希望*ふくしま集団疎開裁判・仙台高裁の決定がでました。衆議院第2議員会館で緊急の集まりがあります。ご参加ください。 | トップページ | *仙台高裁・見殺し判決出る4.26(金)文科省前アクション18:30~/4.27(土)数寄屋橋交差点でリーフレッ ト配布大作戦。ご参加ください。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31