フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« *3.22ふくしま集団疎開裁判/文科省前&財務省上アクション。子どもたちを直ちに避難させろ! | トップページ | *3.30(土)有楽町でリーフレット配布・ふくしま集団疎開裁判/今週29日・金曜アクションはありません。 »

2013年3月24日 (日)

*3.23「原発のない福島を!県民大集会」に参加するバスが港区からも出ました。子供たちを一刻も早く安全なところに避難させなければならないと、改めて決意しました。

L03b0156_2

会場のあずま総合体育館には7,000人が参加しました。

バスで参加した4人は会場の前で、疎開裁判のリーフレットを配布しました。

L03b0099

会場で福島の菅野さんと初めてお会いすることができました。

福島原発告訴団の一員である菅野さんの記事は前にこのブログで紹介したことがあります。

http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/--2a07.html

あることがきっかけで10年来の知人ですが、3.11震災および原発事故以来

原発に反対する立場で一致し、お互いに励ましあってきました。

この集会で初めて会うことができ感激しました。

疎開裁判のリーフレットを地元で配りたいと言ってくださり、とりあえず手元にある50部ほどをお渡ししました。

大変熱い気持ちの持ち主で、朝日新聞に載っている練馬区の男性の

「こどもたちの健康が心配ということだと思うが」「電気が足りなくては産業に支障をきたす。電気料金も上がる」「両方のバランスが大事」という投稿をコピーしていらして

「本当に悔しくて悔しくてしかたない!」「福島の子どもたちのことをなんと思っているのか!」と話しておられました。

この大会では地元の方の原発への強い怒りと困難な状況を感じることができました。また、沢山の県外からの参加により地元の方を励ました大会でありました。

と同時に、子どもたちを福島県に閉じ込めておく元凶である佐藤知事のメッセージが読み上げられるなど、被曝問題に関しては極めて問題のある大会でした。

L03b0110

会場内では写真展も行われていました。原発事故の悲惨さを訴える写真もありましたが、

子どもの命よりも金を優先する佐藤・福島県政にべったりの御用新聞・福島民報の展示では上のような記事 を展示していました。

殺人医師山下の子分とみられる福島県放射線健康リスク管理アドバイザーで長崎大学大学院の高村教授が

昨年の4月29日に「1時間当たり5マイクロシーベルトの山の中を8時間歩いたとしてもレントゲン写真1枚を撮るのと同じ」だから「休日に山歩きを楽しむ程度で健康被害が出るとは考えにくい」「家に帰ったら靴底を水で洗い流し、服を洗濯したり、シャワーで体を洗い流せば付着した放射性物質も洗い流すことができる」「キノコ採りをするなら放射線量を調べてから」と書いています。

この人物が実際に自分や自分の子どもがこの山歩きをすること、キノコ採りをすることを想定せず、福島県政の御用学者としてのみ答えていることが明白です。

レントゲン写真は自分の病気のリスクとの引き換えでするもので、ハイキングのたびにレントゲン写真と同じ被曝を覚悟する人がどこにいますか。付着した放射性物質を洗い流さなければならないようなところを歩いて森林浴効果がありますか? 

しかも、住宅地でさえも常に高い線量の中で生活している事や、もっと深刻な内部被ばくは全く考慮していない計算です。

こういうものを会場展示しながら「原発のない福島を」というのは「放射能はこわくないけど原発はやめよう」というような非常に矛盾した、大会の性格を物語っていました。

L03b0159_2

「原発のない福島を!県民大集会」港区実行委員会がバスをチャーターしました。桜が満開の港区スポーツセンターを出発したバスは東北自動車に入り、福島市にむかいました。郡山市の安積サービスエリアで休憩をとりましたが、地表では港区の10倍の空間線量です。

L03b0158_2

バスの車内でも、0.20マイクロ・シーベルト/時です。

L03b0155

会場のあずま総合体育館です。

L03b0154

線量が低くなるコンクリートの上でもこの高さです。土の上では3.4マイクロ・シーベルト/時という報告がありました。

L03b0157

早春の安達太良山。この美しい自然の中で福島の人たちは先祖代々、生活を営んできました。放射能で汚染されてしまった今、子供たちの健康と命を守るには、故郷を捨て新天地で新しい生活を切り開いていくしかありません。国策として原発を推進した国は、移転の為のあらゆる費用を負担する責務があります。

*********************************

« *3.22ふくしま集団疎開裁判/文科省前&財務省上アクション。子どもたちを直ちに避難させろ! | トップページ | *3.30(土)有楽町でリーフレット配布・ふくしま集団疎開裁判/今週29日・金曜アクションはありません。 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« *3.22ふくしま集団疎開裁判/文科省前&財務省上アクション。子どもたちを直ちに避難させろ! | トップページ | *3.30(土)有楽町でリーフレット配布・ふくしま集団疎開裁判/今週29日・金曜アクションはありません。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30