フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« *11.29チェルノブイリ報告会/IAEAを解体しよう!日本政府のしていることは犯罪だ! | トップページ | *麻布十番駅前でさよなら原発1000万人署名活動をしました。 »

2012年12月 1日 (土)

*11.30ふくしま集団疎開裁判集会 仙台高裁審尋報告など/子供たちを直ちに避難させろ!

L03b0375

11月30日の金曜日、いつものように文科省前、財務省上で

疎開裁判の集会が開かれました。

今回はほぼ毎週行われている福島からの声、

●11.26仙台高裁審尋の報告、●これに向けてのバスツアーの報告など。

●また、国連人権委員会から派遣された特別報告者A・グローバーさんの会見についての

報告解説など(グローバーさんは柳原弁護士、井戸川町長や避難されている親子、

甲状腺検査結果に不安を抱いている母親などに直接会ってお話を聞き、26日の

会見でも甲状腺検査結果が複雑な開示請求をしなければ当事者に開示されない状況など、

また、チェルノブイリ事故では1~5ミリシーベルト/年の地域は避難対象であったのに、日本政府は20ミリシーベルト/年以上を対象としたことなどを非常に残念だと指摘しました)

●そして、仙台でも好評をはくした演劇班の寸劇(福島の子供は切り干し大根以下の扱い編、山下教授暴言編)などです。

◆仙台高裁審尋は第3回1月昨日の裁判で、審尋(審理)は終結とな
らず、引き続き、3回目の審尋が行なわれることになりました。

期日は
来年1月21日(月)午後2時~
です。

状況は厳しいのですが、いまや疎開裁判の訴えは世界の人をも巻き込んで

日本政府のみならず、世界の原子力ムラからも必死で抑え込む必要のあるもの

として見られているようです。(IAEA会議が郡山で開かれるのは何故?)

疎開裁判で私たちは重要な証拠を沢山つきつけました。それを生かし、

裁判の行方を決めるのは私たち市民一人ひとりの声、アクション、つながり

です。私たちの声が大きくなることが証拠を無視することができなくさせる一番の

原動力です。あらゆる手段を使って疎開が必要という声を広め、

一刻も早く子供たち、親たち、福島の人たちの疎開を勝ち取りましょう!

第2回仙台高裁審尋の報告は以下にまとめられました。

        2012年11月26日審尋期日報告
                 弁護団(井戸謙一 光前幸一、柳原敏夫)

抗告人弁護団は,本期日に際し,準備書面2通および証拠を提出しました。証
拠の中には,松崎道幸先生が新たに書かれた意見書2通が含まれます。1通
は,福島県の多数の子どもたちに発見された甲状腺嚢胞についての考察,1通
は,我が国における原発労働者のデータからでも,10ミリシーベルトの被曝で
ガン死のリスクが3%高まることが判ることが記載されたものです。また,前
回期日において,裁判所から,自主避難ができない事情を補充主張するように
との指示があったのに対し,抗告人らの保護者が,自主避難がいかに困難であ
るかを記載した陳述書を提出しました。これらの陳述書には,自主避難が困難
な事情として,経済的問題,仕事の問題,年老いた親の介護の問題,子どもた
ちが,友達が残っているのに自分だけ自主避難することを嫌がる問題等が記載
されています。

弁護団としては,更に,①裁判所に対し,山下俊一氏,矢ヶ崎克馬氏,松崎道
幸氏の証人尋問又は参考人審尋を実施するよう改めて求めること,②相手方郡
山市に対し,抗告人らの主張に対する反論をするよう求めること,③裁判所に
対し,抗告人らから更に補充主張・立証の機会を与えるよう求めること等を方
針としました。

期日において,裁判所は,①については実施するつもりはないと言明しまし
た。②について,相手方郡山市は,反論する意思を見せず,裁判所は,郡山市
に対し,反論することを求めませんでした。③については,裁判所は,抗告人
弁護団にその機会を与え,また,教育活動をしてはならないと抗告人らが求め
る各学校施設の所在地を特定することを求め,次回期日を2013年1月21日午後
2時と指定しました。

裁判所が,専門家の証人尋問ないし参考人審尋をする意思を示さなかったこ
と,郡山市に対し,原告の主張に対する反論を求めなかったことは,裁判所
が,低線量被曝の問題について,本格的に取り組む気持ちがないのではないか
との疑念を抱かせました。しかし,仮にそうだとしても,我々は,次回期日ま
でに,福島の子どもたちの置かれている危険な状況について,更なる主張,立
証を行い,裁判所に,この問題の深刻さを認識させるとともに,この問題に,
正面から取り組まなければならないという覚悟を決めさせるよう,取り組んで
いきたいと考えています。

                              以上

*****************************

« *11.29チェルノブイリ報告会/IAEAを解体しよう!日本政府のしていることは犯罪だ! | トップページ | *麻布十番駅前でさよなら原発1000万人署名活動をしました。 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/48044287

この記事へのトラックバック一覧です: *11.30ふくしま集団疎開裁判集会 仙台高裁審尋報告など/子供たちを直ちに避難させろ!:

« *11.29チェルノブイリ報告会/IAEAを解体しよう!日本政府のしていることは犯罪だ! | トップページ | *麻布十番駅前でさよなら原発1000万人署名活動をしました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30