フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« *小児科医師が語る「子どもたちは疎開、避難させなければならない」簡単な3つの理由。 | トップページ | *ふくしま集団疎開裁判、10/19(金)アクション/17時~文科省前抗議・19時過ぎ~財務省上で皆さんとアピール »

2012年10月18日 (木)

*「さよなら原発みなと」の活動・中間報告/地域にしっかりと根を張り更なる運動の拡大を!福島の子供たちを直ちに避難させろ!

ブログの管理人として個人の総括であり、またずいぶん遅くなりましたが中間報告を提起します。私たちは1月に下記の活動方針を出しました。

**************************************

 「さよなら原発みなと」の活動報告と今後の方針等

2021

1. 主な活動の報告

 ・2011年、4/17浜岡原発を止める署名集めに菊川市に行く(5人)

 ・5/8 浜岡原発を止める署名集めに菊川市に行く(3)

 ・6/12 浜岡原発を止める署名集めに菊川市に行く(4)

 ・5/13「さよなら原発みなと」の結成

 ・6/2 田町駅前で1000万人署名開始(毎月2回)

 ・6/11「さよなら原発みなと」として集会・デモに参加開始(新宿アルタ前)

 ・8/24 上田昌文氏の学習会開催(麻布区民センター)

 ・9/16 蒲田で「素人の乱」不当弾圧、救援カンパ活動

 ・9/19 明治公園前で「素人の乱」不当弾圧、救援カンパ活動

10/1 上田昌文氏の学習会開催(港区立男女平等参画センター・ホール)

10/22 豊田直巳氏の学習会への協力(劣化ウラン廃絶みなとネットワーク主催)

12/10「さよなら原発みなと」のブログを立ち上げる

2012年、1/8浜松町駅前で新年最初の署名活動を行う

2.この間の活動を通して次のような総括ができると考えます。

 反原発運動全体を見るとき、「素人の乱」や「東電前アクション」のように3・11後に登場した若者たちは日本の反原発運動の未来を切り開いていく可能性を包含しています。彼らと連帯し、支援していくことは極めて重要です。

私たちの地域、港区の運動としては学習会や集会・デモへの参加を通じて、新しい仲間ができ、運動の輪が広がってきました。同時に10/1学習会に見られるように参加人員数には壁が立ちふさがっています。

膨大な量の放射能をまき散らす極めて深刻な事故を引き起こしながら、政府・電力資本は原発からの撤退はせず、再稼働を虎視眈々と狙っています。

日本の反原発運動はその力があまりにも小さすぎ、原発震災を止めることができませんでした。運動が大きく発展しなかったことに関していろんな角度から総括する必要があります。一つにはネットやツイッターを活用するなど時代の変化に対応した情宣活動が不足していたこと。また体を張ってでも原発を止めるという意識と行動が欠けていたことなどを提起したいと思います。たとえばデモ行進にしても警察の不当な規制に対してはそのつど断固抗議すべきであり、憲法21条で保障された表現の自由は民主主義の根幹であり、不断の努力を継続しなければなりません。

私たちの地域、港区の運動は質・量とも飛躍的に高め、大きくする必要があります。小さなグループですが、一点の火が燎原を焼き尽くす心意気で進んで行きたいと思います。

3. 今後の方針

・再稼働阻止、福島の子どもを避難させることを

当面の最大の課題として全力をつくす

・田町駅・浜松町駅等での署名活動

・集会・デモへの参加

・テント広場との連帯を強める

・学習会、集会・デモに参加した人へのフォロー

・ブログ、ツイッターの活用

・南部4区(港、目黒、品川、太田)の交流拡大

・力量を付けたのち100人規模の集会の開催

「さよなら原発みなと」代表 井山康雄

         事務局長 佐藤れい子

メンバー一同

******************************

以上が本年1月の活動報告及び今後の方針でした。

全体においては極めて活発に活動を展開してきました。

●各集会への参加をはじめとして、月2回または1回の署名活動をやってきました。

1月から2月は、ストレステスト意見聴取会への傍聴参加と抗議など。

●ガレキ問題に関しては清掃工場への直接抗議と4000枚のチラシを各戸配布。港区に説明会を要求し開催させるなど。(がれき受け入れにかかる港区住民説明会有志の会と共に)

再稼働阻止においては、大飯・福井に3回行きその中、歴史的な大飯原発ゲート前の戦いにも参加しました。伊方、東海村、柏崎・刈羽にも行ってきました。

●金曜日の官邸前行動も反原連の体質を批判しつつ、数百人規模の時からほとんど毎週参加してきました。

●昨年10月から始めたブログは今年の3月ごろからアクセスが急激に増えて、累積で30,000件を突破しました。ツイッターの活用も本格的になってきました。

二つの最大の課題の一方である「福島の子供たちを避難させる」運動への取り組みが大幅に遅れましたが、9月からこの運動に集中しています。福島の子供たちの43パーセントに「しこり」やのう胞がある(通常は1パーセント前後)という健康調査がでました。一刻の猶予もありません。子供たちを避難させることは緊急の課題です。毎週金曜日、17:00から文科省前、19:30頃から財務省上で集会を開いています。ぜひご参加ください。

ふくしま集団疎開裁判のブログです。

http://fukusima-sokai.blogspot.com/

***************************

« *小児科医師が語る「子どもたちは疎開、避難させなければならない」簡単な3つの理由。 | トップページ | *ふくしま集団疎開裁判、10/19(金)アクション/17時~文科省前抗議・19時過ぎ~財務省上で皆さんとアピール »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/47494138

この記事へのトラックバック一覧です: *「さよなら原発みなと」の活動・中間報告/地域にしっかりと根を張り更なる運動の拡大を!福島の子供たちを直ちに避難させろ!:

« *小児科医師が語る「子どもたちは疎開、避難させなければならない」簡単な3つの理由。 | トップページ | *ふくしま集団疎開裁判、10/19(金)アクション/17時~文科省前抗議・19時過ぎ~財務省上で皆さんとアピール »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30