フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 5.11官邸前アクション | トップページ | おおい町役場に嵐のような抗議、要請の電話・FAX・メールを! »

2012年5月13日 (日)

5.13親子講座 「こどもたちを放射能から守ろう」が開催されました


「ストップ!放射能汚染がれき首都圏ネットワ-ク」と「劣化ウラン廃絶みなとネットワ-ク」の共催で親子講座がリ-ブラで開催されました。

宮口高枝さんの報告です。

 3.11から1年が過ぎ、事故の原因究明も終わらず、たくさんの被曝者を生

み出しているのに、事故を起こした東電や政府からの真摯な謝罪の言葉は聞こえ

てこないなか、本末転倒の動きが教育現場で起こり始めています。

「原子力村」関係者、政府・文科省は学校現場で「放射線はこわくない」教育を

始めようと「放射線副読本」を全国の小学校、中学校、高校へ配布しました。

「ストップ!放射能汚染がれき首都圏ネットワーク」がこの問題で学習会を企画

していることを知り、5月13日に田町駅前のリーブラで共催となりました。

 講師は、さいたま市 公立中学校 理科教諭で内部被ばくを考える市民研究会

代表の川根眞也さん。事故直後から放射線量を測定し、「子どもたちを被曝させ

てはいけない」と校長先生に直談判した熱血先生です。

 現場教師である川根先生は、「副読本」は「1年間に放射線を浴びても20ミ

リシーベルトまでは大丈夫」と言う考え方を強いている学者たちの立場で書かれ

ているということを肝に銘じて欲しい。会場に小学校用、中学校用、高校用の

「放射線副読本」回覧するので参考にして欲しい。この副読本を理解する為には

まず、放射線量をあらわす単位は、レントゲン、シーベルト、キューリー、ベク

トルなどなど色々あり、また、ガンマー線、ベーター線、アルファー線など放射

性核種は膨大にあり、時間と共に放射能は様々な核種に変化する。

 そこから紐解かなくてはならない、と語り始めクイズ形式も取り入れるなど、

会場の参加者たちは久しぶりに生徒の時間を味わう学習会となった。

 そもそも内部被曝が問題になったのは、アメリカがイラクで劣化ウラン弾を使

用し、アメリカのイラク帰還兵の子供の5本の指がくっついて生まれることなど

がクローズアップされてきてからです。

 内部被曝は外部被曝の何倍も危険であり、食品の放射能を取り込まない、吸い

込まないがとても重要であり、子供たちに「放射線はこわくない」教育を受けさ

せてはいけません。

« 5.11官邸前アクション | トップページ | おおい町役場に嵐のような抗議、要請の電話・FAX・メールを! »

反原発」カテゴリの記事

コメント

内部被ばくに関心がないという人たちは、ただ単に現実を見ようしない愚か者であるといいたい。レベル7を超える原発事故で、いまだに収束していない状況で、あのバカげた、「食べて応援」はもとより、食べ物の産地を全く気にせず、人にも勧めることは、内部被ばくのロシアン・ルーレットであるということに気が付くべきである。
それにしても、自国産の食べ物を安心して食べられなくしている、放射性瓦礫の全国広域処理とは、実に情けない愚劣の極みというべきである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/45246236

この記事へのトラックバック一覧です: 5.13親子講座 「こどもたちを放射能から守ろう」が開催されました:

« 5.11官邸前アクション | トップページ | おおい町役場に嵐のような抗議、要請の電話・FAX・メールを! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31