フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 5月20日 浜松町駅前でシ-ル投票をやりました。 | トップページ | おおい町長「月内判断難しい」 北海道新聞 »

2012年5月22日 (火)

再稼動問題で反原発団体次々と おおい町に慎重判断を要望

再稼動問題で反原発団体次々と おおい町に慎重判断を要望
福井新聞(2012年5月18日午後8時40分)

20120518205058_1949087646
時岡正晴副町長(右)と面談する福島事故の被災者ら=18日、福井県おおい町役場

 福島第1原発事故の被災者や、福井県内外の七つの反原発13 件団体の代表者らが18日、相次いでおおい町役場を訪れ、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について慎重に判断するよう要望した。

 訪れた被災者は福島県在住の3人で、時岡正晴副町長と面談。再稼働の判断をする前に、仮設住宅で避難生活を送る住民の様子や警戒区域などを視察するよう求めた時岡忍町長宛ての要望書を手渡した。被災者の1人は「福島県の現状を真摯(しんし)に捉え、判断してほしい」と訴えた。

 被災者とともに訪れた「プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会」など4団体は、町長が判断する前に、4月26日の住民説明会で出された不安や批判の声に一つ一つ答えることなど3項目を求めた。

 また、「おおい町住みよい町造りの会」など3団体は、4月に発足予定だった原子力規制庁ができていない中、政府が暫定的な安全基準で政治判断した点を拙速と主張。関西や県内、地元おおい町民の1155人から集めた再稼働に関する意見も提出した。同町会に対し、再稼働に同意したことに対する抗議文も提出した。


« 5月20日 浜松町駅前でシ-ル投票をやりました。 | トップページ | おおい町長「月内判断難しい」 北海道新聞 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/45356901

この記事へのトラックバック一覧です: 再稼動問題で反原発団体次々と おおい町に慎重判断を要望:

« 5月20日 浜松町駅前でシ-ル投票をやりました。 | トップページ | おおい町長「月内判断難しい」 北海道新聞 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30