フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 映画/相馬看花のご案内 | トップページ | 原子力委が意図的に直接処分費用を高く計算ー共同ニュース »

2012年4月24日 (火)

5月13日(日)親子講座ーこどもたちを放射能から守ろう

Photo_2

文部科学省は、「放射線に関する副読本」を、今年3月末に1300万部を各都道府県に発送しました。全国に先がけて実施している、福島県や神奈川県横浜市では、現場から戸惑いや不安の声が上がっています。

副読本についてのNHKニュース・動画

http://nicoviewer.net/sm15883197

__☆__☆ 転送・拡散希望☆___☆__

「親子講座 こどもたちを放射能から守ろう」

ー低線量・内部被ばくの危険性ー

文科省「放射線副読本」が全国の学校に届けられ、「放射線はこわくない」教育が始まろうとしています。福島原発事故から1年。放射能汚染は収まるどころか、これからが内部被曝からどう子どもたちを守るかが最重要な問題になってきます。

最大の当事者になってしまった子どもたちが、放射線について正しい知識を持ち、内部被曝から命を守ること、そして、持続可能な未来を切り開くため考える力を育てていくことが重要です。また、これは取り直さず、私たち大人の問題でもあります。

 川根先生のお話を聞き、「副読本」の問題点を明らかにし、使用中止にすること。内部被曝の危険性を親子で学びましょう。ぜひ、学習会にご参加下さい。

◆講師のご紹介

さいたま市 公立中学校 理科教諭

内部被ばくを考える市民研究会 代表

facebook「福島第一原発を考えます」、放射能防御プロジェクトに参加。原発事故直後から放射線量を測定し「子どもたちを被ばくさせてはいけない」と校長先生に直談判した熱血先生です。

・講師 川根眞也さん

・日時 513日(日)1330分~1630

・場所 リーブラ(港区立男女平等参画センター)

     ホール(5階)

    http://www.minatolibra.jp/etc/access.html

・住所 港区芝浦3-1-47

・参加費 大人500円 学生200円 小学生以下は  

      無料です。

・アクセスJR「田町」駅東口 徒歩2

      都営三田線「三田」駅出口A4 徒歩4

・共催 ストップ!放射能汚染がれき首都圏ネット 

     ワーク

     http://shutokennw.jugem.jp/

     劣化ウラン廃絶みなとネットワーク

☆保育室はありませんが、会場内にキッズスペースを設けます。

・連絡先 080-3013-3618 090-3248-7397

« 映画/相馬看花のご案内 | トップページ | 原子力委が意図的に直接処分費用を高く計算ー共同ニュース »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/45002962

この記事へのトラックバック一覧です: 5月13日(日)親子講座ーこどもたちを放射能から守ろう:

« 映画/相馬看花のご案内 | トップページ | 原子力委が意図的に直接処分費用を高く計算ー共同ニュース »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31