フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 4・5 再稼働反対! 首相官邸前緊急アクション | トップページ | 再稼働阻止の為、首相官邸前緊急行動に1000人以上 »

2012年4月 6日 (金)

善意で女川がれき受入れを賛成している方へ 

政府は全国にがれきを受入れさせるために莫大な宣伝費を使って

「絆」として、がれき受入れが東北を助けることとし、受入れ反対の人を

「勝手な人」よばわりしています。

善意で女川の瓦礫を受け入れた方がよいと思われる方も

いらっしゃると思いますが、120億円もかけて原発災害のために作った

放射能拡散予測システム、スピーディーの情報を隠した政府の言うことを

鵜呑みにして良いのでしょうか?

放射能がふりそそぐ中をそれと知らず、幼い子の手を引いて

水や食料を求めて何時間も外を歩き回ったお母さんの苦悩を聞いたことがありませんか?

わざわざ放射線量の高い飯館村へ避難して被曝した人の怒りの声を聞きませんでしたか?

これまでも原発に関しては電力会社・政府は隠す・騙すが常套手段です。

それはさまざまな報道でも明らかになっていることです。

政府の発表ではなく、ご自分でよく確かめて判断されるのがよいと思います。

それはともかく、このブログにがれき受け入れ賛成の立場からコメントされた方へのコメント返しを

有志の会の坂田さんがしてくださいました。良い機会ですので、転記するとともに、資料も掲載いたします。

なお、お名前入りでコメントしてくださったことからも、真剣にがれきの事をお考えと思います。ここには名前は伏せさせていただきます。

以下、コメントから

港区でのがれき受け入れに賛成の4丁目住民です。
女川は宮城県北部であり、福島の原発から離れています。
女川のがれきに放射性物質が多く含まれていると考える方が異常です。
あなた方は恐怖のあまり冷静な判断ができなくなっている。
女川よりも北は海に山が迫るリアス式海岸が始まっており、土地が狭い。
がれきが復興の足かせになっていると考える。
岩手県岩泉市は内陸であり、大掛かりな処理場も無い。現実を反映した意見とはいえない。

女川は宮城県北部であり、福島の原発から離れています。
女川のがれきに放射性物質が多く含まれていると考える方が異常です。
あなた方は恐怖のあまり冷静な判断ができなくなっている。


→原発から離れていることは関係ないと思います。計測すれば済むことです。
100ベクレルが8000ベクレルになっていてそれを認めるというのは
それが一体何を意味しているのかの説明が先だと思います。

>福島の原発からあれだけ離れていて、放射性物質があるとお考えですか。
昨年3月13日、女川原発敷地内で毎時21マイクロシーベルトの放射線が検出されたことが報じられ、安全保安院は福島第一原発によるものだとの見解を示しました。
福島から遠く離れているのに、一号炉爆発の翌日にこれほどまで汚染されているのです。また、事故から一年経過するうちに、風によって日本全国に放射能汚染が広がっています。北関東、東北ではホットスポットが至る所にでき、災害廃棄物も汚染されてるのです。
>女川の原発は放射能漏れを起こしてないのですよ。
2年前に燃料棒から放射能漏れ事故を起こしてます。また、どこの原発でも、稼働している限り放射能が環境中に漏れ出してしまうことは不可避であるのは周知の事実です。

女川原発で基準値4倍超の放射線…福島事故で?

 東北電力は13日、女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)敷地内に設置されている放射線監視装置が、同日午前1時50分に、原子力災害対策特別措置法で定められた基準値を最大で約4倍超える放射線値を示したと発表した。

 12日の福島第一原発1号機(福島県大熊町、双葉町)の爆発事故によって漏れた放射性物質が、南風で約100キロ・メートル離れた女川原発周辺まで運ばれた可能性が高いと推測している。

 発表によると、検出された最大の放射線値は1時間あたり21マイクロ・シーベルトで通常の500倍以上。この量を20日間浴び続けると、屋内退避の目安になる。値は、徐々に下がりつつあるものの、午後3時現在も基準値の5マイクロ・シーベルトを超える9マイクロ・シーベルト程度を計測している。

(2011年3月13日17時09分  読売新聞)

>女川より北は海に山が迫るリアス式海岸が始まっており、土地が狭い。
>がれきが復興の足かせになっていると考える。

どう考えるかは自由ですが、現実では、女川町の瓦礫は、石巻市の650万トンに対し、44万トンだそうで、女川町ではすでに瓦礫の仮置き場が整備され、復興の妨げにはなっていないそうです。
>岩手県岩泉市は内陸であり、大掛かりな処理場もない。現実を反映した意見とはい>えない。
これは岩手県岩泉町長の談話です。「現地からは納得できないことが多々ある。瓦礫処理にしても(中略)使っていない土地がいっぱいあり、広域処理されなくても困らないのに全国に運び出す必要がどこにあるのか」。

>あなた方は恐怖のあまり冷静な判断ができなくなっている。
放射能は目に見えず臭いもしないので、私たちが勝手に騒いでいるように見えるのでしょうが、一度環境中に出てしまった放射能は回収することができず、長きにわたって汚染し続けるのです。全国の田畑は汚染され、野菜や果物を汚染します。これで安心していられますでしょうか?日本は小さな島国で人口密度も高く逃げ場がないのです。私たちはこの国に生まれた以上、この小さな国土と子供たちの未来を守る責任が等しくあると思います。瓦礫処理に賛成や無関心の人たちこそ、この国の未来にとっては一分の理もないのです。

« 4・5 再稼働反対! 首相官邸前緊急アクション | トップページ | 再稼働阻止の為、首相官邸前緊急行動に1000人以上 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

私は地元で、女川原発反対を40年あまり続けて来た人間。しかし、現在の女川町が放射能で汚染されているかの如き妄言は、絶対容認できない。何を根拠にデマを広げるのか?原発から遠い地域に住み、膨大な電力を享受しながら、観念論だけで空虚な裏付けのない、放射能汚染地域と決めつける行為は、人間として許せないし最低である。町では毎日放射能濃度を町内の主な場所6ヶ所で計測していて、例えば保育所の所庭・砂場で0.07~0.10μsv/hの数値である。この値のどこが汚染されているというのか?満身の怒りを込めて『坂田某』を批判する。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44769341

この記事へのトラックバック一覧です: 善意で女川がれき受入れを賛成している方へ :

« 4・5 再稼働反対! 首相官邸前緊急アクション | トップページ | 再稼働阻止の為、首相官邸前緊急行動に1000人以上 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31