フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 私たちはモルモットじゃない-楢葉町住民説明会で怒り続出 | トップページ | 4月19日NHKニュース  国会事故調 再稼働対応に批判相次ぐ »

2012年4月20日 (金)

関電、メディア 昨年秋には「夏よりも冬の電気の方がきびしい」と脅し

4月17日に経産省前テントで知り合った大阪市民の方が

力のこもったコメントをくださいました。

原発反対の文字を書いた傘をさし、大飯再稼働絶対反対のプラカードを持って

座っていてとても印象に残った方です。「大飯原発の消費地ですから」と

力強く、まっすぐなお話はとても気持ちがよかったです。

以下、コメントから

大阪市民です。僕は関電にはっきり言いたい。「原発の電気はいらない!」
野田内閣が「再稼動の安全性と必要性を確認した」だって? 嘘はほどほどにしときや!

ストレステストの経過を見ていますよ。ストレステストとは、電力会社が立てた膨大な前提に基づいて行われた、安全シミュレーション劇場でしかありません。例えば地震が起きて道にがれきが散乱してもこのくらいの時間で片付く、とか、非常用電源車はこのくらいで現場に到着するとか…。

ところで原子力安全委員会は、ハッキリ公言しています。
「原子力安全委では、ストレステストの数値、データが正しいかどうかは一切見ておりません」、「原子力安全委員会では、ストレステストで、安全性は一切見ておりません」…と。

それなのに野田4閣僚+仙石由人(なんで仙石が入っとんの?!)は再稼動の政治判断を下し、早速翌日、枝野経産相が福井県へ行って『再稼動の安全性と必要性を確認した』、と説明している。

原子力安全委が確認していなくて、保安院では形だけの審査で、ではいったい誰が日本政府の立場で安全性を確認したのか?誰も確認していないのです。実は。

そもそも福島原発事故は、「想定外の大津波によって非常用電源が失われた結果起きた」というシナリオが政府の共通認識となっていること自体がおかしい。保安院は、「いま国会・事故調で原因が調べられているんですけど、おおかた津波で起きたっていうことで間違いないんですよぉ」と、市民が行なった政府交渉で言い放っている。こいつら、3・11を経験していても、震災以前と何一つ姿勢が変わっていない。

このようなデタラメ、ゴマカシ、茶番が再稼動へ至ろうとしているプロセスなのです。
だから、再稼動は無効。ストレステストそのものが無効。 ・・・ なのです。

そして再稼動する必要性も、ありません。
大阪は、昨夏も昨冬も電力不足になっていません。
昨夏、7月に2基が停止し稼動しているのは4基となり、昨冬その4基は11月に1基、12月に2基、そして最後に残った高浜3号機が2月20日に止まって、関電の原発は全部止まりました。昨年の秋口には「夏よりも冬の電力需給の方がきびしいぞー」と関電やメディアからさんざんオドシがあったものの、何の事はない。電気に困ることはなかったのです。

« 私たちはモルモットじゃない-楢葉町住民説明会で怒り続出 | トップページ | 4月19日NHKニュース  国会事故調 再稼働対応に批判相次ぐ »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44948619

この記事へのトラックバック一覧です: 関電、メディア 昨年秋には「夏よりも冬の電気の方がきびしい」と脅し:

« 私たちはモルモットじゃない-楢葉町住民説明会で怒り続出 | トップページ | 4月19日NHKニュース  国会事故調 再稼働対応に批判相次ぐ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30