フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 経産省前ハンスト続き | トップページ | 信頼不在の大飯原発再稼働、政権の官僚依存が露呈 »

2012年4月17日 (火)

原発なしでも「夏の停電」なし-週刊ポストより

たんぽぽ舎メルマガから週刊ポストの特集記事

┏┓

┗■2.原発なしでも「夏の停電」など絶対におこらない!

 └────(週刊ポスト 4.27号から)

 原発なしでも「夏の停電」など絶対におこらない

  関西電力が隠している埋蔵電力の証拠データを公開、

  電力マフィアにだまされるな!

  原発再稼働の大ウソ  (特集一挙6ページ)

 素人大臣が安全判断とは ── 再稼働が先、対策工事は後、のおかしさ

 「実績」よりも低い「最大供給力」?

 ─政府の予測と実績を比較すると、2月29日には非常時の電力である

  揚水発電で459万kWの供給力があったのに、政府予測ではこれが

  201kWしかないことにされていた。「電力隠し」である。

 3つの巨大な埋蔵電力

 ─第1の埋蔵電力が前述の自家発電だ。資源エネルギー庁の内部資料に

  よると、企業などの自家発電設備(1000kW以上)は全国で、ほぼ東電

  1社に匹敵する5373万kW分ある。

 ─第2の埋蔵電力は企業の非常用電源(1000kW以下)で、2300万kW

  ある。これは自家発電とは別に、企業が工場などのいざというときの

  バックアップ電源として設置する発電機

 ─第3が電力会社がひた隠しにしている大手企業との「需給調整契約」だ。

  電力不足になったときには供給を停止できるという条件で電力会社が

  企業の電気料金を大幅に割引する制度(随時調整契約)であり、

  「通告即時停止」「通告1時間後停止」「通告3時間後停止」などの

  条件によって割引率が違う。

 経済産業省資料「今夏の需給調整契約の状況」には昨年の電力各社ごとの

 調整契約の実績がまとめられている。それによると、東京電力・・・中部

 電力・・・関西電力・・・中国電力・・・など、全国では原発5基分に

 相当する505万kWにのぼる。

 政府の需要見通しには、この第3の埋蔵電力による需要抑制効果が全く

 計算されていない。

 電力マフィアが「大停電デマ」の次に狙うのは電気代の大幅値上げで国民

 に音を上げさせる作戦だ。枝野経産相も、「再稼働がなければ火力の燃料

 費高騰で電気料金は15%上がる」と値上げをチラつかせている。

 しかし、同じLNGを使う東京ガスはこの3月からガス料金を値下げした。

« 経産省前ハンスト続き | トップページ | 信頼不在の大飯原発再稼働、政権の官僚依存が露呈 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44922017

この記事へのトラックバック一覧です: 原発なしでも「夏の停電」なし-週刊ポストより:

« 経産省前ハンスト続き | トップページ | 信頼不在の大飯原発再稼働、政権の官僚依存が露呈 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30