フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 緊急課題は福島第一原発4号機ー米国から警告 | トップページ | 関電、メディア 昨年秋には「夏よりも冬の電気の方がきびしい」と脅し »

2012年4月19日 (木)

私たちはモルモットじゃない-楢葉町住民説明会で怒り続出

<福島第1原発>あす「廃止」 地元住民改めて怒り

毎日新聞 4月18日(水)11時54分配信

<福島第1原発>あす「廃止」 地元住民改めて怒り
拡大写真
東京電力福島第1原発の(手前から)4号機、3号機、2号機、1号機=同原発の南約3キロで2012年4月8日午後、本社ヘリから石井諭撮影
 19日付で電気事業法に基づき「廃止」される東京電力福島第1原発1~4号機。東電は3月末に「廃止」を経済産業省に届け出て、法律上の手続きは粛々と進められた。国内の原発は20日午前0時、現在の54基から50基に減る。だが同原発では依然としてトラブルが続発、その存在は人々の生活を脅かし続けている。【乾達、中尾卓英、蓬田正志】

【写真特集】津波に襲われる福島第1原発の画像公開

 ◇安全、信じられない

 「メルトダウンした燃料をいつ、どうやって取り出すのか」「放射性物質の放出が続いているのに『除染すれば安全』と言われても信じられない」

 大半が警戒区域となり全町避難を強いられている福島県楢葉町。国と町は11日に避難先のいわき市で開いた住民説明会で、町全域を住民の自由な立ち入りが可能になる避難指示解除準備区域(年間被ばく線量20ミリシーベルト以下)に再編する方針で臨んだが、質疑応答では怒りの声が噴出した。

 「子供たちが生きていくためには安全な空気と水が必要」「私たちはモルモットじゃない」。住民の発言に対し、内閣府原子力災害現地対策本部の富田健介審議官は「インフラ復旧、除染、賠償は国と東電が責任を持って進める」と答えるのがやっと。終了後は「これだけ反発が出るとは思わなかった」とため息をついた。町は今月中の避難区域再編を断念した。

 ◇相次ぐトラブル

 住民のいら立ちが収まらないのは、政府が事故収束に向けた工程表のステップ2(冷温停止状態)達成を昨年12月に宣言した後も、同原発でトラブルが続いているためだ。

 今月だけでも、新たな汚染水漏れ判明(5日)▽4号機の使用済み燃料プールの冷却停止(12日)▽1~3号機で水素爆発を防ぐための窒素供給停止(13日)--と続発。福島県の佐藤雄平知事は16日の災害対策本部会議で「トラブルが県民の不安をかき立てている」と述べ、改めて国に監督の徹底を求めた。1~4号機の「廃止」で県が東電に求めている県内全原発の廃炉に一歩踏み出した形だが、県の担当者は「我々が求める廃炉は県民の安全が確保されることだ」と話す。

 ◇課税は同額

 一方、1~4号機が立地する大熊町は12年度予算の歳入に、原発の固定資産税として前年度とほぼ同額の約16億円を計上した。発電能力を失った同原発の資産価値は事実上ゼロだが、原子炉等規制法上は、同法で義務づける核燃料の搬出などを終えていないため、電気事業法上の「廃止」後も「稼働中」とみなされる。さらに町税務課の担当者は「事故原因を作った施設に課税せずに被災した住民から税金を取ると『税の平等』に反する」と主張する。

 12年度は、事故対応のため東電が敷設した建屋カバーや放射性セシウム除去装置など高額の設備分についても、追加して固定資産税を課す予定だ。

 町の12年度一般会計当初予算は61億5000万円で原発からの固定資産税が4分の1を占める。担当者は「震災後は税収が大幅に落ち込み、原発に課税できないと行政運営に支障が出る」と漏らす。

« 緊急課題は福島第一原発4号機ー米国から警告 | トップページ | 関電、メディア 昨年秋には「夏よりも冬の電気の方がきびしい」と脅し »

反原発」カテゴリの記事

コメント

福島第一原発住民はモルモットだった原発爆発時まだ大熊町公民館にたくさんいた自衛隊トラックが来たが乗れず爆発音自衛隊逃げる五十人置き去り3時45分爆発空から綿ふり4時にバス来た船引体育館7時着くが他に行けとたらい回し三春に行く午後9時頃布団もなく寒く固まり寝るテレビもなく情報解らないだけど原発推進派の人間監視来んな時も個人では殺したかった

松本様
コメントありがとうございます。
私は8月に東海村のシンポジウムに行き、双葉町から避難された方があちらこちらを情報もないままさまよい、ガソリンもなくなったのに被曝者という理由で避難所への受け入れを断られ、体を洗ってやっとなんとか受け入れてもらったというお話を聞き、涙が出ました。なんというひどい政府でしょう。
現在、私たちは特に福島の人たちの避難、とりわけ子供の避難を早急にしなければならないと思っています。
ふくしま集団疎開裁判に関しての取り組みに参加しています。本日9月19日に衆議院議員会館で開かれた裁判の記者会見にも参加してきました。
裁判を通して福島の放射能汚染された地域に人々を閉じ込めておくこの国の政府、自治体の人の命を見捨てるやり方を多くの人に伝え、一刻も早い避難を国、自治体が責任を持って行うようにしむけたいです。
松本様は大熊町公民館にいらした方かその方のお話を聞かれた方ですか? ぜひ、詳しいことをお聞かせ願えませんか? アドレスはブログ上には掲載されませんので、よかったらご連絡くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44938249

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちはモルモットじゃない-楢葉町住民説明会で怒り続出:

« 緊急課題は福島第一原発4号機ー米国から警告 | トップページ | 関電、メディア 昨年秋には「夏よりも冬の電気の方がきびしい」と脅し »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30