フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 3.11国会囲もうヒューマンチェーン | トップページ | 大飯原発再稼働を止めよう! 7団体が緊急声明を公表 »

2012年3月15日 (木)

3.14都庁記者クラブで記者会見

0314 3.14 写真は田中龍作さんサイトから借用しました。

皆さま

佐藤れい子です

3.14の中央清掃工場前行動の報告です。
今日は都庁記者クラブで記者会見をしました。
転送します。

*****転送・転載歓迎!********

                 (文責:Hiroさん)

今日初参加のHiroさんです。はじめまして~

かなり遅れて 晴海のガレキ焼却場へ着きました。
退去する前に一人づつメガホンで伝えました。

その後都庁記者クラブで 記者会見しました。
人生初体験の記者会見です。代表の高瀬さんに
昨日電話したきっかけで今日の出来事です…
高瀬さんありがとう。

<追伸:たかせ>
Hiroさんは、3月11日に、川崎市中原公園での3・11取り組みでチラシを受け取り、がれきブースまであったそうです。川崎は、がれき問題で様々な方々が会をつくり運動されています。今日は、いろいろなチラシも見せていただき ました。

ジャーナリストの田中龍作さんが、工場前から取材に来て下さいました。巨大で長い煙突を寝転んで撮影したり、工場前参加者にインタビューしたり。

(田中龍作さんのサイトはここ↓

http://tanakaryusaku.jp/2012/03/0003889

がれき利権がわかりやすいです。)(かっこ内sayoみな編集者注)

今日のコンテナ車は、出入り4台。

★緊急記者会見報告
<報道・ジャーリスト参加者>
毎日新聞社 東京新聞 週刊金曜日 週刊MDS
都政新報社 時事通信社 NHK フジテレビ
IWJ神奈川(プレス)  田中龍作 

IWJの方は、ネット中継して下さいました。
 http://www.ustream.tv/recorded/21094267

(フジテレビは、撮影含め3人以上が参加。)

・明日までが中央清掃工場での受入ですので、是非止めよう!、前日でもいいので記事にしてもらい、私達の行動が少しでも社会的に報道されたらとの思いです。今の大キャンペーンの裏にあるのは何でしょうか?
・主催者発言(高瀬)の後は、参加者全員から思いを語りました。佐藤れい子さん、小川正明さん、初参加のHiroさん、高瀬晴久さん。それぞれが自分の言葉で語りました。是非、ネット中継をご覧ください。

◆明日まで工場前抗議です。応援お願いします。

*富山から************************

「ストップ!放射能汚染がれきネットワーク首都圏」のみなさまへ
< BR>応援メッセージ

2012年3月13日

■子どもたちの未来のために、私たちは訴えます。

放射能で汚染されたガレキは、富山県内はもちろんのこと、いかなる場所であっても焼却処理をしてはいけません。なぜならば、汚染ガレキの移動、保管、焼却によって放射能の二次拡散が起きるからです。

見えない放射能はすでにたくさん私たちのまわりに存在しています。自然放射能、核実験に由来する放射能、スリーマイルやチェルノブイリ原発事故で放出された放射能など・・・。それらに加えて、福島第一原発の大事故に由来した大量の放射性物質の降下。食品に入り込んだ放射能。人類が管理できない放射能が私たちの生活空間に大量に放たれています。ただそれは見えないだけです。
< BR>もう私たちは十分です。これ以上の放射能はいりません。子を生み育て、命をつなぐ環境が放射能で破壊され、地球上に命が誕生してから続いてきた生命維持活動が機能不全となる未来を、子や孫、その後に続く世代に残すことはできません。

■子どもたちの未来のために、私たちはつながります。

「原発の安全神話」が崩れ、その後に急激に立ち上がってきたものに「放射能の安全神話」があります。私たちはそこに危険な力を感じ、危機感を覚えています。

その力に対抗するには一人ひとりの力は小さいかもしれませんが、無力ではありません。熱い心を合わせてつながることで、私たちの声を大きくすることができ、さらに目的をもって多数に働きかけることができます。

富山県 内で私たちはそれぞれの違いを乗り越え、「放射能汚染ガレキ受け入れ反対」という共有する目標を掲げてキャンペーンを開始しました。さらに私たちは、日本国内で同じ問題で活動している多くの団体・個人の方々とつながり、情報を共有しながら一緒に活動することを希望します。

首都圏で活動されているみなさんへ、私たちは富山から応援しています。これからは離ればなれにならず、スイミーの童話のように・・・草の根の力を合わせて対抗勢力に向っていきましょう。

がんばってください。

We shall overcome/We shall overcome someday/Oh deep in my heart/I do believe/We shall overcome someday  いつか乗り越えることができると信じます。

「ノー・モア・放射能キャンペーン@富山」

【共同代表 50音順 】 青山 正二 (まわれ水車の会)、岡田 昭治 (孫たちに原発のない未来を渡したい高齢者の会)、川原 登喜の (まわれ水車の会)、(放射能から子どもを守ろう in 富山)、道具  欽二 (命のネットワーク・呉西)、山崎  彰 (富山県平和運動センター)

「ノー・モア・放射能キャンペーン@富山」事務局(担当:宮崎) TEL&FAX050-360-15176 ujeac@grace.ocn.ne.jp

*******************************ここまでです。*********************************************************:

« 3.11国会囲もうヒューマンチェーン | トップページ | 大飯原発再稼働を止めよう! 7団体が緊急声明を公表 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44496529

この記事へのトラックバック一覧です: 3.14都庁記者クラブで記者会見:

« 3.11国会囲もうヒューマンチェーン | トップページ | 大飯原発再稼働を止めよう! 7団体が緊急声明を公表 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31