フォト

注目!

  • ★「3.11からの悪夢」   -奈良原樹里-
    6月5日アップ. ぜひ、ご一読ください! http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/311-ae2e.html ★★★ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • ♦ドイツ-メルケル首相はなぜ「原発推進」から「脱原発」へ?
    http://www.youtube.com/watch?v=YvZOA1NizEg 「メルケル首相"脱原発"の裏側」 TBS報道特集2012/03/24
無料ブログはココログ

« 2月8日 大飯原発再稼働を許さない! 夜の抗議 | トップページ | 2月8日 テレ朝 モーニングバード 「なぜ妥当?」 »

2012年2月 9日 (木)

傍聴に加われず押し問答・経産省の上から目線

Photo_15

ストレステストの意見聴取会に申し込んで

          傍聴に加われず押し問答・経産省の上から目線

              さよなら原発・みなと 宮口高枝

経産省で行われた「いわゆるストレステストの意見聴取会」にメールで申し込みをしたが、何回やってもメールが送信されず、電話しファックスで申し込みをして、今日、経産省に出かけた。受付で私の名前が無い。「名簿に名前が無いので入れません。」ファックスを送っているから確認してくださいとお願いしたが、ここに名前の無い方は入れませんの一点張り、調べてみますの誠意も見せない。私と同じような方が「メールを送り、受け付け確認のメールが無いので電話をしてここに来たのに名前が無いのはどういうことですか?」と詰め寄った。別の人が受付に入って私たちを威圧する。その人は「警備」の腕章をして受付の人をかばうように仁王立ちになるので「警備のあなたには用がないです。受付の事務の人にお願いしているんですよ。」押し問答が続くうちにマスコミが押し寄せてきた。

傍聴の人数は200人と聞いていた。受付に置かれた傍聴予定者の申込者は数えたら150人程度だった。それも一般傍聴者よりも様々な電力会社などの関係者が圧倒的に多いと見受けられた。予定人数にも達していないのだから申し込みの確認の手間をかけても罰は当たらない。傍聴申し込み事務手続きは手を抜きすぎだ。公僕とは何たるかを知らない公務員が多い事に憤りを覚えた。今回、申し込み者へ受け付け確認の連絡もしない経産省の怠慢は上から目線そのものだ。「九電の説明会などと同じ構図」がいまだに続いている。大地震が予想される中でも原発の再稼動に向けて突っ走る政府、経産省、東電など懲りない面々。被害者そっちのけで利権に突き進む国家の執拗な執着心が見えてきた。

受付担当者には「誠実な態度で責任ある仕事をしてください」と話しテントで時間の許すまで座り込みをした。

« 2月8日 大飯原発再稼働を許さない! 夜の抗議 | トップページ | 2月8日 テレ朝 モーニングバード 「なぜ妥当?」 »

反原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587348/44055874

この記事へのトラックバック一覧です: 傍聴に加われず押し問答・経産省の上から目線:

« 2月8日 大飯原発再稼働を許さない! 夜の抗議 | トップページ | 2月8日 テレ朝 モーニングバード 「なぜ妥当?」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30